TT2 サンバー

2019年 4月25日

栃木スバル本社 サービス課の親切丁寧な対応には、深く感謝しております。ありがとうございました。m(__)m

「車検のついでに、パワステにしてもらえないかな?
女性や、年配者が運転するので付けて欲しいんだよ」

え”〜〜〜〜〜 無理じゃね?


「ディーラーとか、修理工場でも無理って言われた」

え”〜〜〜〜〜 x2 やっぱ無理じゃん

「そこを何とか・・・Desire!」


とりまえず、現車確認してっと・・・
回路図とピンアサインをゲットし、

持ち込んでもらったパワステのユニットを見てみる


何とかなるかな・・・


回路図へピンアサインを書き込んだり
コネクターへの接続図や画像を挿入して資料作成
早速、栃木スバル本社 サービス課に電話してみる・・・

電話に出てくれた女性の方の話し方がとても柔らかくて

10秒も待たずに、男性のサービスマンが対応してくれた。


TT2サンバーなんですけど、
お客様が「パワステにしてくれと・・・」

速攻『出来ません!!!』


いやぁ〜出来ないんじゃ無くて、付けなきゃなのよ〜w

ユニットの取付場所や資料をFAXでお願いしました。

多忙なはずなのに、1時間ほどで届いていたみたいw
手書きで補足もしてくださいました←コレ助かった!
まぁ〜、先ずはパワステ本体でも付けてみる


あっさり取付終了・・・・ 物足りない・・・
続いて、パワステのメイン電源を確保します。


あたかも純正風に付けたいのでヒューズボックスから

引きました。


都合の良いことに「30A P/S」マークもあるし、

でっかいヒューズ用の端子も持ってましたw
さて、肝心の配線ですね。


必要な接続先がほとんどメーターハーネスに有るので

接続しました。

回転信号は途中まで来てるし、
メーターのパワステ警告灯の配線もありました。
問題はこちらです。

左側のコネクター・・・見たことはある
30年も前のコネクターなので売っていないorz

何で分かるの?

だって、これ日本AMP製だもん。

仕方が無いので、BNR32解体車から盗んできましたw

わっはははははは。私は何でも知っている〜〜〜タマタマ


でも、端子が高いんだよねぇ〜

チャレンジする人は、コネクター付きで探しましょう!
問題2 w

左のコネクタは住友製、現行でもまだ使用されています。

トヨタ、ダイハツ、スズキ等で採用中

端子はあるけどコネクター無いので注文。


右のコネクターは特種で、1000円でも買えません(タカイ!)

仕方ないけどこちらも注文しました。
さて、部品もそろって、栃木スバルから頂いた情報を元に

あんな所に取りつけました。

右下のステーが邪魔だったので切断!w
警告灯も、ちゃんと点きました。

もちろん、エンジン始動後は消灯しますよw


ステアリングの角度ずれを修正して終了!


大した問題も無く取り付けできてしまったけど、


作業より長い準備時間がものを言うんですね。

段取りは重要! 再認識した作業でした。おわり